2011/03/15【東日本大震災】大地震に負けてたまるか(その5)※被災初期最後の日記

3/13(日)避難所最後の朝食~帰宅まで

朝ごはんは、アルファ米の五目ごはん。
昨晩の「山菜おこわ」とは違う味付け。
説明書きどおりに「注水線」のところまでお湯を注いで15分蒸らすも、なんかパラパラしてて、ごはんぽくならない(-。-)y-゜゜゜

結局、お湯を注ぎ足してから、よくかき混ぜて、いただいたよ。
好みにもよるけど、「お湯入れ過ぎかな?」ってくらいお湯入れたほうが、しばは食べやすかった。

朝食を済ませた後、娘1を家に送り届けてから、布団を持ち帰るべく再び小学校へ。
電気はどうにか通り続けてるんで、お礼に延長コードを寄付した。

 

帰宅後

自宅に着いてからは、まず常陽銀行に行って現金をスズメの涙ほど引き出してきた。
次に明らかにゴミとわかるものを、捨てた。
片付けようにも、どこから片付けたらいいかわからず、途方に暮れた。

だけど、震災でカオスと化した部屋を少しの間見回してみると、しばの部屋の「アフター」の青写真が、少しだけ浮かんできた。

かつての「パソコン室」だった部屋を、寝る事もできる仕事場にするぞ

しばは、授業のある時は、寝落ち覚悟で教材研究したり、自分用の英語したりするのが心地よいんだ。
今まで、自分専用の机がなくて、PCや辞書・文法書が居間にあったから、居間で寝落ちしてたけどさ。
居間の他に、寝落ち可能な場所があるのなら、きっと居間で常時寝起きする習慣だって変えられると期待する。
それには、夫がこれからも自室にPC置き続けるかどうかを、聞こう。

少しだけ「アフターの青写真」ができたところで、子ども達と乾電池ゲット&給油に出かけたよ。
めっちゃくちゃに混んでて、おまけにいくつかのガソリンスタンドは「売り切れ」・・・・・・
家の近くのスタンドは、そこで入れる事自体がどヒンシュクなくらい混んでるから、千波湖の南側のスタンドを目指した。だけど、どこもかしこも 「売り切れ」・・・・ケーズデンキ本店も「閉店」・・・

被災初日にセブンイレブンに食料ゲットに並んだ時に「R50沿いのスタンドに、夜遅くまでやってるとこあるよ」と聞いてたので、酒門六差路からR50を西に走った。

スタンドがあるたびにチラ見、「売り切れ」の文字を見るたびにため息、そしてやっと見つけた「売り切れ」の張り紙の無いスタンド!!!

ようやく入店すると「お釣りのないようにお願いしますね」と店員さん。
現金がピンチなしば、給油前に「スマートパス使えますか」とダメモトで聞いてみる。

店員さん: あ、使えますよ。

しば: (心の声)超~~~うれしい!このスタンド、スマートパス使える・・・てことは、カード切れる★

安堵しながら給油を終えるが、電池探しに午後4時に家を出て、電池ゲットを諦め、給油に目的を変更し、ようやく給油を終えると、もう7時半・・・・・・・

家に帰ると「遅くまで何ふらついてんの??」と母からお小言。
でも、スルーできた。
いつ水戸じゅうのガソリンが売り切れて、次にいつ入荷するかわかんないのだから、背に腹は代えられんのだ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。