WordPress.com で次のようなサイトをデザイン
始めてみよう

#夏タビ宮城 1日目(その1)

今年の夏休みは、突然の車旅から始まった。
夏休み直前に急きょホテル探しするはめになったけど、運よく禁煙ツインルームも取れた。
旅程はこんな感じ。

7/21(土)深夜、茨城発(水戸)⇒朝食@道の駅そうま⇒仙台城址⇒松島⇒石巻(泊)

7/22(日)石巻発⇒コンビニで朝食⇒石巻港⇒(網地島ライン)⇒田代島(昼食@小・中学校跡地の休憩所)⇒(網地島ライン)⇒石巻港⇒南三陸さんさん商店街⇒夕食@道の駅上品(じょうぼん)の郷⇒茨城着(土浦)


※番外編 7/23(月)朝、土浦発⇒R6をゆっくり走行⇒昼、水戸着

002

道路が空いてるうちに走ろうと、思い切って夜ドライプ強行。
上手くいけば、深夜料金で高速代も浮かせることができる!

20180720_170437000_iOS
(ツバメの巣@四倉PA)

だが、今年に入って時々エンジンからガタつく音がしていた愛車に、異変発生!

20180720_191407020_iOS
エンジン警告灯が、常時ついてしまうようになった!
しかも深夜の高速道路で・・・
まだ20代前半、初めての自車(ミニカエコノ、しかも1991の時点で10年落ちくらいの中古車)で見て以来、じつに四半世紀以上ぶり。
コレがついた後3ヶ月以内に車買い替えているから、嫌な予感しかしない。
高速道路上で自走できなくなっては旅自体が台無しになるし、何よりも明るくなってから整備士さんに点検や応急処置をしてもらうことができない。
勇気を振り絞って、常磐富岡ICで高速を降りる。
そして、私は除染作業車がわずかに通るだけの六国(R6)を黙々と走る・・・
娘2は静かに悪夢を見ながら寝てる・・・
20180720_191819019_iOS

20180720_193804145_iOS

20180720_214216044_iOS

この時、通算走行距離がこんな感じ。
叔母の車が、「約20万kmになろうとしたところで突然動けなくなった」と聞いていたので、「途中で車をあきらめて(=乗り捨てて)電車やバスで宮城を回るのだろうか?」という思いがよぎっていた。

20180720_231234000_iOS

高速道路を走ることをあきらめたことが功を奏したのか、六国はエンストすることもなく福島県内を北上、道の駅そうまでしばし休憩し、売店開店一番に朝食。
(放射能汚染による)【立ち入り禁止区域】や放射能濃度情報の看板と入れ替わりに、「津波がここまで来たよ看板」が見られるようになったのは、地味に大きな衝撃。
放射能汚染地域と津波襲来地域の境が、浪江町と南相馬市。

4

道の駅そうまで朝食を食べるついでに、整備士さんのいる自動車ディーラーの開店時間を調べる。
相馬市内で一番早く開店する自動車ディーラ―の整備士さんに事情を話して、車の点検。
旅の途中であること、茨城から来て宮城を目指していることを話し、「せめて旅の間だけでも車(のエンジン)が持ちこたえられるか?」の点検をしてもらう。
診断は、

ギリギリで旅の間は走れる

—だった。
「あなたの車のよりもっとひどい状態のエンジンで、山超えて浜通りまで走ってきた人もいましたよ」は整備士さんの談。
以後、エンジンの状態を観察しつつ、高速道路は(1) 高速使った方が明らかに早く着ける時、(2) ガソリンが十分ある時、(3) 高速使うほうが明らかに迷いにくい時—だけ、と決めてハラハラドキドキしながら仙台城址を目指す。

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。