2016/03/31 OS無し中古PCに、Ubuntu引いてみた。  

先週末に引っ越していった息子が、引っ越し前最終週に「Linux専用機」と称し2台目の自作PCを組み立てた。
「予算、50000円台(本体は50000円未満で)」を目標に自作パーツを選び、周辺機器はリサイクルショップ巡りでゲット。
そして、息子が”Fake DELL”と呼ぶLinux専用PCが出来上がった。

image

買い出しのために車を出していた私の「PCもっと覚えたい熱」に、火がつかないは ずがない。 自作をするには至らずとも、「中古PCで何か作ってみよう!」という気にはなった。 2枚目モニターを買った頃から、よく行く中古ショップが閉店前セールをしていたの で、すでに「当たり」はつけていたコレをゲット! 3/23 に購入したのだが、私が会計をしようとしたその時から【PC 系ジャンク品は 全品50%OFF】になった(*^^*) 即決お持ち帰り。

image

Windows Vista HomeBasicのシールが貼ってある、Lenovo ThinkCentre。 画像からは見えないけど、「Windows 7再生機」として再販されたライセンスシール も貼ってある。 RAMは3GB、HDDは500GBのものが載っている。

「500GB ならば、安い外付け HDD と同じ容量だ。自作 NAS 作れるかも♪」など と、ワクワクした。 息子購入の「Linux完全マスターバイブル」なる雑誌にも、Windows XP機を自宅サ ーバーに改造なんて企画ページと、自作NAS用OSの付録があったから、飛びつい てやってみた。

image

UbuntuのOSは、ダウンロード後即インストールができない。 ダウンロードしたてのLinux OSは、ZIPフォルダ的なモノにISO(/aisou/)イメー ジが入ってるんで、それらを所定のソフトウェアで展開してから、「データ用」DVDRみたいなディスクに書き込む。 (USBメモリに書き込んで「起動USB」を作る技もあるが、基本的にOSはディス クからインストールする) OSをインストールしたディスクを入れてPCを立ち上げ、BIOSの英文が消えたら 即、[Enter] →[F12]の順にキーボードのキーを押すと、ディスクから立ち上がるモ ードに入る。

image

アップグレードやダウングレードなど、OSを入れ替えたい時も、同じことをします。

image
image
image

インストールが終わると、一旦 PC を再起動 —実際は、最新の Ubuntu(15.10)で さえも、何度かアップデートかけたとたん、リカバリモードでしか立ち上がらなくな ったし、さらに「サーバー用OSを載せる」など身の丈に合わない(手持ちのPC的 にも、私の腕的にも)ことに気付く。 でも、せっかくなんか縁あって買った中古PCだ。 「安物買いの銭失い」にはなりたくないっ! 息子蔵書「完全マスターバイブル」の「Linux 概論」的ページを読み返し、【自分用 のLinux練習機を作ろう】と、再度気合いを入れる。

image

最新版の1代前の「安定版」Ubuntu14.04.4 LTSをWindows機でダウンロードし、 ISO展開ソフトで解凍&DVDディスクに焼く。 導入予定の中古PCにDVDを入れて、起動。 モニターは、はじめ、息子のモニターを間借り・・・を試みたが、すでにHDMIで 息子の初代自作機がつながっているためか、2台目のデスクトップを受け付けず。 ものは試しで、居間のTVにD-Subでつないでみる。

image

映ったよ!!! ちなみに、TV側の入力切替は、「入力6:PC」だ。 ここまで来たら、過去の失敗を生かして・・・

image

ディスクまっさらになって・・・「再起動してね」のダイアログの後に、再起動する と・・・・・

image

Macのドックっぽく、左端にアイコンがずらーっと並んでる。 Firefoxでネットできて、Office類似品(LibreOffice)で文書作れて、アマゾンへの 直リンクもある。 Skypeがちらっと映ってますが、Skype on Linuxは、この後間もなく32bit版がサポ ート終了して、残念な結末に 😢
壁紙変えて遊ぶのが大好きな私が、インストールだけで疲れ切ってしまったが・・・ それでも、Linux結構楽しい♬

以下、製作費  合計 8346円💰

(内訳)※税抜き価格

  • 本体:3500円
  • ACアダプタ:216円
  • LANケーブル:1055円 /7m
  • モニタ:0円(TV利用)
  • キーボード:0円(Windowsデスクトップから流用)
  • マウス:0円(息子のWindowsデスクトップから流用)
  • データ用DVD-R:1560円 / 50枚
  • ヘッドセット:1058円(スピーカーをつながない代わりに専有)
  • OS:0円 ※Linuxソフトウェアは基本無料、募金(donation)はあり
  • D-Sub15ピンケーブル:957円 ※実際は丈が足りず不採用

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。